書籍のご紹介

代表講師Dr.Kayo 書籍のご紹介
『ビジネスエリートがやっている最高の食習慣』が自由国民社より発売されました。
朝食を抜いて1日2食の食事法を実践すれば、
集中力があがったり、血糖値を安定させることができたり、
おなかまわりがすっきりしたりメリットがいっぱい。
アメリカの研究をベースに、代表講師Dr.Kayoがわかりやすく教えます。

減塩より減糖 人生を変える! 血圧の新常識

代表講師Dr.Kayo 書籍のご紹介
『減塩より減糖 人生を変える! 血圧の新常識』が自由国民社より発売されました。
近年の研究で、高血圧は塩分とともに摂取する糖分の増大で起こることが分かってきました。
減塩だけしていても高血圧は治りません。根本的に血圧を改善するためには、「減糖」が必要です。
どうすれば血圧をさげることができるのか新しい「減糖」というテーマを軸に解説します。

関連NEWS
2021年3月24日:メディア掲載されました。こちらからご覧ください。→サライ.jp
2021年1月25日:プレスリリースが出ました。こちらからご覧ください。→ PR TIMES

代表講師Dr.Kayo監修の
『5分でめちゃかわ  女子力アップおしゃれ☆スタイルレッスン帳』が2020年5月13日(水)にPHP出版より発売されました。
お近くの書店にお立ち寄りの際は、ぜひチェックしてくださいね。

Topics

代表講師 Dr.Kayoのブログ

アメリカ西海岸のサンディエゴからお届け!スポーツや学業で力が出せる、美しく健康寿命を延ばす方法を教えます。簡単料理も発信中!

  • それでも缶詰の魚介は健康的だと断言できる理由

      日本は、海に囲まれた魚介天国であるにもかかわらず、近年「魚離れ」が進行しています。 水産庁の報告によると、『平成9年から19年までの1人1日当たりの魚介類と肉類の摂取量を比較すると、魚介類の摂取量は減少傾向にある一方、肉類の摂取量は横ばいであり、18年にはついに魚介類の摂取量が肉類を下回りました。これを年齢別に比較すると、すべての世代で魚介類の摂取量が減少しており、1~19歳では魚介類の摂取量が2割以上、30~49歳では3割以上も減少して』いるそうです。   […]

  • 脳に不可欠なDHAとEPA、魚が苦手な人はどうすればいい?

      発達障がい食環境支援士取得講座(略:食環境講座)講師さんが受けた難問です。   「魚が苦手だけどサプリではなくDHAとEPAを摂取するにはどうしたらいい?」   DHAとEPAとは、脳の構成要素であり、脳機能に不可欠な毛細血管を守る必須脂肪酸です。脂の乗った魚介類に多く含まれ、特に多いのは、イワシ、鯖、ニシン、あじ、さんま、太刀魚、ぶり、あん肝、サーモン、マグロのトロ、ハマチ、カンパチ、、鯛、ウニなどです。   胎児期に不足すると認知機能障がい、発達障がい、不安症、うつ病のリスクが増え、不足したまま高齢になると、認知症とともに血管心臓病のリスクも高くなることが科学的にわかっています。   […]

  • 赤ちゃんに果汁100%ジュースはいつからがよいのか?

      発達障がい食環境支援士取得講座(略:食環境講座)が始まって4か月目に入りました。受講生さんの中には、食育関連、発達障がい関連の勉強をされていて、そこで学んだ情報と本講座の内容との食い違いに困惑される方がいらっしゃいます。   今回は、「赤ちゃんに果汁100%ジュースはいつからがよいのか?」というタイトルのベビーカレンダーのコラムについて、食育コーディネーターの資格を持つ受講生さんからの質問です。   […]